害獣駆除について知ろう

意外と知られていない害獣駆除の真実

このサイトでは、生活をしている中で迷惑を感じている害獣の駆除について説明しています。
害獣駆除とひとことで言っても、対象となる動物は様々です。
害獣として意外と知られていないのが、ペットとしても人気の高い猫でしょう。
中には去勢をしなかったことなどが原因で野生化して、処分されるものもいます。
通報する先は一般的に駆除を行う業者か保健所ですが、どちらか選ぶ時は繁殖力の強さや危険性を注意して考える必要があります。

猫も害獣駆除の対象?

猫も害獣駆除の対象? ペットとして可愛らしいと思っていたも、猫も害獣駆除の対象になっていまうことがあります。
家でペットとして普通に飼っている場合は対象になることはありません。
ペットでもきちんと去勢しないと、他の猫と子供を作って繁殖させてしまうこともあります。
何匹も生まれてしまった子供を飼うことができないと、害獣駆除の対象になるので注意が必要です。
様々な理由で野生化して野良猫になってしまうと、他の家の庭を荒らしたり私たち人間の生活を脅かす存在になります。
当然、処分する対象になってしまうということを忘れてはいけません。
害獣だと思った時は、一般的に害獣駆除と保健所のどちらかに連絡することになります。
何匹もいる場合は駆除、数匹程度なら保健所に依頼します。
害獣駆除をすると、一時的ですが繁殖を抑えることができるでしょう。
どんどん増えて困っているという時は、害獣駆除の方がお勧めです。

放し飼いにすると害獣駆除の対象になることも

放し飼いにすると害獣駆除の対象になることも 犬や猫などの愛玩動物は動物愛護法の対象となっており、たとえ庭を荒らされたり糞尿などの被害に遭おうともむやみに傷つけることはできません。
しかし、明らかな放し飼いであることが確認できた場合には、各自治体に設置されている福祉保険局の動物管理センターや動物愛護相談センターなどに収容される対象となります。
一定期間は保護され里親を探しますが、もしも期間中に引き取ってくれる相手が見つからなかった場合は殺処分が行われ結果として害獣駆除が行われたのと同様になります。
収容の対象となるかどうかの判断の分かれ目となるのが首輪の有無で、人間の手が加わらなければ装着が不可能な首輪があれば飼い主が居るものと判断され、無ければ捨てられたか野生化したものと判断されます。
場合によっては首輪だけでも不十分だとされ、見つけたら連絡して欲しいというメッセージと共に電話番号などを記載するケースもあります。
犬の場合は逃げないようにリードで繋げることが一部の自治体では条例で義務付けられており、それ以外の自治体でもマナーとして標準化されていますが、猫の場合は特に制約はありません。
そのような背景もあり猫は放し飼いにしてしまいがちですが、昨今の事情を鑑み不用意に害獣駆除の対象になってしまうことを避けるために飼い方を検討したいところです。

大阪の害獣駆除オススメリンク

害獣駆除 大阪


Copyright © 2018 害獣駆除について知ろう all rights reserved.