害獣駆除について知ろう

害獣駆除と野生生物の繁殖

害獣駆除と野生生物の繁殖

害獣駆除と野生生物の繁殖 一般的に、野生生物は冬が明けて暖かくなった時期に繁殖期を迎えると言われています。イタチは4月~5月頃、イノシシやアライグマなどは1月~3月頃がピークになるとされます。しかし、近年では地球温暖化の影響もあって、このピーク期にズレが生じているとも指摘されています。おまけに害獣の生息エリアが日本全国各地に広がっている事実も判明し、害獣駆除のニーズは年々高まっています。

害獣駆除を行ううえで比較的厄介と言われているのが、繁殖期に住宅への侵入を許してしまった場合です。この時期になると、気性が荒くなるので駆除も通常のケースよりも厄介になります。害獣が人間に危害を加えやすくなるのもこの時期が最も多いと言えます。また、産まれた害獣の子どもたちはあっという間に成長します。数か月もすれば立派に野生行動を行うようになり、住宅やその周辺を活発に荒らすようになります。害獣の中には、多くの個体を出産するものもいるので、こうなると駆除活動はさらに困難になります。つまり、気が付いたらできるだけ迅速に対応することが極めて重要です。

害獣駆除の際、動物たちの命を奪うことは避けるべき。

害獣駆除の際、動物たちの命を奪うことは避けるべき。 日本国内にはさまざまな害獣が生息しており、近年では人間の生活を脅かす存在になっています。しかし、害獣の中には鳥獣保護法で守られている種類も意外に多いことに注意しなければなりません。鳥獣保護法とは、主に生物の多様性を確保し、自然界のバランスを維持していくことを目的としている法律です。保護の対象となっている主な害獣は、イノシシ・アライグマ・イタチ・ハクビシンなどが挙げられます。すなわち、ネズミ以外の害獣の大半については、鳥獣保護法によって許可なく命を奪ったり、捕獲してはならないことが決められています。

ここで問題になるのは、自力で害獣駆除を行う場合に何ができるのかという点です。害獣たちの命を奪ったり、傷害を与えてしまうような毒物を用いることはできませんし、罠を用いた害獣駆除を行う場合も、市町村などの許可を得なければ実行出来ません。つまり、基本的にはホームセンターなどで販売されている忌避剤を使って追い出すのが精いっぱいということになります。


Copyright © 2018 害獣駆除について知ろう all rights reserved.