害獣駆除について知ろう

通報はどこにする?

通報はどこにする?

通報はどこにする? 最近では害獣とされる野生動物が屋根裏や空き家などに住みつき、人間に害を及ぼすことが増えています。害獣を発見した際、自分で駆除してしまうか、保健所に通報すべきか判断に困ってしまいますが、素人が害獣駆除することは非常に危険な行為とされているので注意が必要になります。

害獣の中には一見害獣とは思えない可愛い顔をしているアライグマなどがいます。アライグマと言えば、一見可愛くて人懐っこいようなイメージがあるかもしれませんが、実際は何でも食べる雑食性の動物であり、畑に侵入して農作物や家畜を襲うことがあります。時には人家に侵入したアライグマにペットが殺されたり、人が襲われたこともあります。従って、自分の判断で駆除することは止め、必ず保健所に通報して対処をお願いする事が大切です。また、害獣によっては鳥獣保護法という法律によって勝手に駆除ができない動物も存在しています。更に、駆除業者と名乗ったとしても届け出をしていないと駆除は出来ないので、勝手に業者に害獣駆除を頼むことは止める必要があります。

子供がいる場合に注意すること

子供がいる場合に注意すること 害獣は家屋を傷めるだけでなく、食糧を荒らしたり衛生面でも悪影響を与えたりするため、害獣駆除は重要になってくるでしょう。しかし家族に子供がいる場合には注意が必要になり、大人が気を付けなければいけません。
子供は害獣がどのような動物なのか把握していないため、可愛らしい外見をしていれば近寄ろうとします。普段は人間が近寄ると逃げるので触れることはできませんが、害獣駆除を行っていると動きが制限されるため、容易に触ってしまう可能性があります。そうすると雑菌などが付着するだけでなく、噛まれたり引っ掻かれたりすることも発生するでしょう。害獣は衛生環境の良くない場所に潜伏することが多く、常に細菌などの保有しているので皮膚が傷ついて内部に細菌が入ると、大変な事態を引き起こしてしまいます。
害獣はいつ来るかわかりませんが、来てしまうと居着くことが多くなってしまいます。そのために害獣駆除は必要になるのですが危険が付きまとってしまうので、最後まで責任を持って対応することが大切になります。


Copyright © 2018 害獣駆除について知ろう all rights reserved.