害獣駆除について知ろう

意外と知られていない害獣駆除の真実

去勢しなかったばかりに害獣駆除の対象になることも

去勢しなかったばかりに害獣駆除の対象になることも 繁殖力の強いペットが逃げ出して近隣の畑や庭を荒らすなどして被害をもたらした場合、もしも去勢をしていなければ害獣駆除の対象になることもあります。
所轄の保健所などに通報されると職員による現地調査が実施され、個体数が増えることでさらなる甚大な被害が予想される場合には、それを事前に防ぐために害獣駆除が行われることがあります。
捕獲された時には身体の状態が検査され、もしも去勢をしていた場合は手術跡が見えることから明らかに飼い主が存在し適切な措置を行っていたものと見なされ、一時的に保護されて飼い主を探してもらえれば再び出会える可能性があるほか、一定期間飼い主が見つからなかった場合は里親を探して新たなご家族のもとで幸せに暮らすケースも少なくありません。
万が一逃げ出してしまえば害獣駆除の対象となり得る動物をペットとして飼っておりいつまでも健やかに暮らしたい場合には、最寄の獣医師や自治体の福祉保険局の動物管理センターなどに相談して適切な措置を取りたいところです。

害獣駆除をする場合に子猫は該当しているのか

害獣駆除をする場合に子猫は該当しているのか 害獣とは人間に対して何らかの危害を加える動物のことを言い、多くは栽培している農作物を食い荒らしたり、民家を徘徊する動物が該当しています。
このような動物は害獣駆除することが認められていて、有名なのは猪や鹿などです。
このような動物は適切に処置すれば問題がなく、特に何かの罰則を受けるということはありません。
人間を困らす動物というと野良猫や野良犬もゴミを荒らしたり糞尿などで被害を受けることがあり、保健所では駆除を行っています。
このような野良犬や野良猫は狂犬病に感染している可能性があるということもあって保健所は駆除しますが、子猫も害獣になるのかというと該当していません。
実は保健所が野良犬や野良猫を駆除しているのは住民から通報があった場合であり、何らかの被害があったり起きそうな場合だけです。
個人が自分勝手に駆除すると、動物保護の観点から逆に罰せられるケースも出てしまいます。
害獣かどうかは法律と社会通念で決められているので、自分勝手な観点で害獣駆除をするようなことはしないで下さい。


Copyright © 2018 害獣駆除について知ろう all rights reserved.