害獣駆除について知ろう

意外と知られていない害獣駆除の真実

害獣駆除と野良猫

害獣駆除と野良猫 害獣駆除は家屋にとっても害をなす動物のことを言いますが、意外とかわいらしい猫も害獣に該当する場合もあります。
近所の飼い猫であれば特に駆除をすることはためらわれますが、野良の場合は飼い主が存在しないのが事実です。
もっとも猫は庭などがあれば、そこに糞や尿をすることが多くなります。
当然に庭などで家庭菜園などをしている家庭では、衛生上の問題も生じることもあるため早急的な対策を行うことが必要です。
一度、居心地が良いなどの理由があればそこが縄張りになることも多く、定期的に糞や尿をしにくる傾向が存在します。
猫は他の動物と違っても害獣とは言うことはできないですが、害獣駆除のような対策を行う必要があることは重要となります。
ただ現在は猫除けの薬剤や器具などもホームセンターなどでは存在するため、それを用いれば野良が住み着いたりすることも少なく、効果的な対策を行うことが可能です。
また飼い猫の場合には、飼い主と相談して対応してもらうことで解決することもできます。

害獣駆除は放置せずに早く行なうことが大切です

害獣駆除は放置せずに早く行なうことが大切です 最近イノシシやシカ、熊が人里近くや住宅地にまで姿を現し、農作物を食べたり、人にまで危害を加えることが増えてきました。
その他に最近目立っているのが、ハクビシン、アライグマ、ネズミ、イタチが一般家庭の家屋に入り込み、家の天井や床下に巣を作って被害を及ぼしているケースです。
これらの動物は姿を見かけなくても、天井裏で動物が走り回る物音がしたり、天井に大きなシミができたり、悪臭がしたりするのでその存在がわかります。
これらの動物が家にいるらしいと気づいたらできるだけ早く害獣駆除の業者に来てもらい、駆除する必要があります。
なぜならこれらは繁殖力が強く、どんどん増えていくので放置しておくと被害が大きくなってしまうからです。
そのままにしておくと家の建物そのものを傷めてしまうほか、悪臭が強くなったり、ダニやノミが異常繁殖し人間の健康にも悪い影響を及ぼしてしまいます。
駆除するのは素人には難しいので、プロに害獣駆除を依頼する必要があります。


Copyright © 2018 害獣駆除について知ろう all rights reserved.